超高齢社会で少しでも出来ることを・・・


治療院のデスク
From院長 秋山雅教

膝の痛みで来院した高齢女性を診察して
色々と思っちゃいました
一人暮らし
お子さんは近くに住むけど仕事に家庭にと忙しい
膝が痛いって来院しました・・・

数日前のニュース

7月27日に厚生労働省から「2016年簡易生命表」が公表され
平均寿命が男性80.98年、女性87.14年と
いずれも過去最高を更新したことがわかった

とのこと!!
平均寿命が延びるのは
喜ばしいこと
と前置きしたうえで

もっと大事なのは
健康寿命

健康寿命が短ければ
生きていても意味が無い
とは言わないが不本意といったところか・・・

この仕事をしていて思うこと

健康的に過ごして生きたい!!って
意欲があるかないか?
意識が高いか低いか?

が結構重要

・年々筋肉量が減少する
・【筋出力】【バランス能力】【柔軟性】が加齢と共に落ちてく
って患者さんにお話しするのですが
春に診てた患者さん
今回いらっしゃって体の機能が凄く落ちた印象・・・

歩行を診るとすごくふらついていました

ん~
これはいかん!!と思い問診検査カウンセリングをするんだけど

結局本人が
【どうなりたいか?】ってのがとても大事で
結局のところ
僕は提案しかできない

僕は協力サポートしかできない
やっぱり本人のやる気がないと厳しい

幸いなことに膝の関節自体はそんなに悪くない

痛みの程度もひどくない

じゃあどうしたら良いのか?
僕の中では答えは簡単
体の機能を上げてあげることでした

心臓にペースメーカーが入ってるから
電気治療も出来ない

でも出来ることはある!!
http://akiyamadonguri.com/menu/2572/

その方は高齢者

薬もたくさん飲んでいる

個人的には
薬の飲みすぎの影響も絶対にあると思う

血圧も下げ過ぎ
腎臓に負担をかけ腎機能が落ちる
(だから足がだるくて足がむくむんだよ・・・)

その他色々と
飲んでる薬の量が多くて

ヘルパーさんがビックリしてる!!って話してたけど・・・

そんだけ薬を出しまくる先生の気が知れないわ
金儲けにはなるけど
その患者さんのためにはならないでしょうね

薬出しまくって
その人を健康にするなら良いけど
悪影響も出てきて
税金である医療費で儲けちゃってさ

やるせないわ
悲しくなりました


90近いお年寄りが
数か月前より
体の機能が衰えていたら
やっぱり悲しい気持ちになるでしょう
人間だもの・・・

僕が出来ることで
もう少し日常生活動作が楽になって
一人暮らしを少しでも長く続けられたらな・・・
って思います

この問題は医療側にも責任があるし
医療側がどうにかしてくれる・・・って考えて自分で動かない
患者側にも問題がある

お医者様の言う通りにしていれば良い
もう歳だから、良いんです・・・って考えが
少しでも変わってくれたらなあと思いました

船橋 A-style整体治療院
治療とメソッドで体を変える
首肩 腰 膝 専門治療